MNPの基本と手順まとめ

MNPとはモバイルナンバーポータビリティの略称で、電話番号を変えることなく携帯電話の通信キャリアを変更することを指します。大手キャリアから大手キャリアに乗り換えたり、大手キャリアからMVNO業者に乗り換えることが可能です。その際は手続きが必要ですが、あらかじめ手順を把握しておけば難しいことはありません。

最近の傾向は、MVNO業者の格安SIMが人気を博していることから大手キャリアからのMNPが増えています。

その場合の手続き手順は、まず現在契約している大手キャリアからMNP予約番号を取得します。これは転出する際に必要となるもので、キャリアショップやインフォメーションセンター、オンラインサイトで取得することが可能です。

取得するためには費用が掛かり、キャリアによって異なりますが一般的には2000円程度です。なお、この予約番号は有効期間が定められており、発行してから15日以内に手続きを行わなければ無効になってしまうため注意が必要です。

 

続いて、新たに契約したいMVNO業者に回線契約を申し込みます。多くのMVNO業者ではオンラインでの申し込みが可能で、このときにあらかじめ取得しておいたMNP予約番号を申し込みフォームに入力することになります。

MVNO業者との契約が完了した時点で大手キャリアとの契約は解除されます。

あとはMVNO業者からSIMカードが届くのを待つだけです。業者によって異なりますが、2日から1週間程度で自宅に届きます。

自宅に届くまでの期間は、既に大手キャリアとの契約が解除されているため通信手段がなくなることに留意しておく必要があります。家族や友人に携帯電話が使えなくなることを知らせておきましょう。

また、大手キャリアでは契約を解除する際に更新月以外の時期に解除を行うと違約金が請求されます。MNPを行う際は、大手キャリアとの契約解除に違約金が掛からない契約更新月に行うと費用を節約できるのです。

Follow me!