MVNO選びのコツ

MVNOを選ぶ際に実はそれほど深刻に考えなくてもいいのかもしれません、何故ならMVNOと言っても通信事業者ですので、法律的な制限や責任も大きくそんなに無責任な会社は存在しないからです。

気楽にお得なところを選べば十分でしょう。まず考えることは、スマホ端末はどうするかです。

もし手持ちに使えるスマホがあるのならそれを使うことを考えるのも良いでしょう。その場合はそのスマホが使いやすいところを選ぶのがいいでしょう。例えばdocomoのスマホならAndroidでもIphoneでも比較的自由にMVNOで利用できます。

ほとんどのMVNOはdocomoの回線を利用していますかSIMロックを解除することもなくそのままなんの申請もなく利用できます。しかしスマホを購入するとしたらMVNOで買うのがお得なことが多いのでそれを重視して比較するののもいいでしょう。

それから通話頻度です。音声通話は利用しますか。音声通話が重要なら普通に090などの番号を持っている音声通話なある契約をしなければなりませんが、たまにしか使わないのならデータ通信のみの契約にしてIP電話を利用すると安くなります。

そして利用料金に一番影響があるのがどのくらいが自分に必要な通信容量であるかです。

MVNOでは一般にデータ通信の上限が低めの契約が多くそれによって月額が低く抑えられているのですが、それで十分でしょうか。通常は3GBもあればほとんど足りると思いますが、動画再生などが多いと十分とは言えないでしょう。

またWiFiを利用できるかにも差が出ます。家や職場でWiFiに接続できる環境があれば、アップデートやアプリのインストールなどの大きな容量を容量を使う通信はWiFiでできますし、普段の通信もほとんどそれで済みますのでモバイルデータ通信は1GBの契約でも十分という事もあります。

逆に通信の多い人なら7GBでも足りないかもしれません。まずは自分のデータ通信量をしらべてどのくらい必要か確かめて、それにあるプランを選ぶことがMVNO選びのコツと言えるでしょう。

子どもやシニア向けのスマホを探しているならこちらも併せてどうぞ:シニア向けスマホ徹底比較 | おすすめ機種ランキング

Follow me!